プラントの仕事って?就職先によっても違うさまざまな業務

プラントに携わるプラントエンジニアの主な仕事内容

プラントとは、生産設備や、大型機械を意味します。プラントを仕事にする人をプラントエンジニアといいます。仕事内容は大きく分けて2つあり、プラント自体の建設に関わる仕事と、実際に立てたプラントを移動させた後に発生する仕事です。前者は、プラント本体、配管や電気設備、試運転などの分野があります。後者は、工程や品質管理、メンテナンスがメインです。

プラントエンジニアになるには、作る生産物によって種類が多いため、自分が何をしたいのかによって就職先も変わります。求人を探すには、まず大学の理工学部を卒業して、機械工学などを習得するのがおすすめです。

プラント業界へ就職するには、求人の選び方

プラントエンジニアとして働くには、プラントメーカーへ就職する方法と、設計・施工会社へ就職する方法とがあります。

プラントメーカーは、国内の産業では建設数に限りがあるので、海外の受注も重要視されています。主に、アジアや中東などの新興国が取引先となっていますが、紛争の影響などの世界情勢によって、海外のプラント建設のプロジェクトが習得しづらくなる状況も避けられません。

設計・施工会社での業務は、プラントメーカーから依頼を受けて、プラント作りを行います。工程には、設計から製造、品質検査などさまざまであり、これらを一人でこなすのは不可能です。それぞれの工程に専門知識とスキルを持ったエンジニアを必要とします。同じプラントの設計にあたるにしても、例えば製鉄所とお菓子工場では、生産の仕組みや製造方法が違います。

このようにプラント業界の業務は多種多様であるので、企業の求人情報などをよく確認して仕事を選ぶのが良いでしょう。

プラントの求人に応募したい方におすすめの方法として、希望のエリアを限定して調べることが挙げられています。求人は日本全国に見受けられますので、エリアを絞る方法は効率的です。