様々な保育サービスを利用して乗り切ろう!

保育サービスは保育園だけではない

子育てをして行く上で保育は必ず避けていけない問題で、特に両親とも働いていたり、持病や障害のために家庭で保育ができない場合には保育園を利用するパターンがほとんどです。しかし保育園は夜間や病気になったりしたらサービスを提供できない場合もあります。そのような場合に備えて様々な保育サービスがあります。こちらでは保育園以外の保育サービスについて記載していきます。

病気になったら病児後保育があります

慢性的な治療が必要な病気になったら保育園は利用できませんが、総合病院などが提供している病児後保育が利用できます。発熱を伴う感染症だと利用できない場合がありますが、その他の病気だと利用可能です。1日の利用料ですが、1000円から2000円程度で済みます。自治体によっては保育料を補助している場合もあり、その際には保育料が半額程度になりますよ。

小学校に入学したら放課後児童クラブがあります

小学校に入学したら保育園や病児後保育は利用できなくなります。しかしその場合には放課後児童クラブの利用が可能です。利用条件は自治体によって多少の違いはありますが、保育園の場合とほとんど同じです。保育時間も学校が終了してから18:00位までとなっており、仕事をしているお父さんやお母さんにはかなり力になります。

育児ヘルパーを提供している会社もあります

民間の会社では夜中などでも自宅で保育サービスを展開している会社もあります。こちらを利用すると夜間自宅で保育サービスを利用する事ができます。訓練されたヘルパーが家に来てサービスを提供するので、安心して利用出来ます。

シングルマザーの仕事は、女性の活躍の場として大きく注目を集めています。さまざまな業界において存在感を増しているのです。