マンスリーマンションなら面倒な審査が少ない!?利用用途は広がっている

単身赴任に利用されている法人利用

単身赴任を会社が指示をする際に、法人名義で契約されることが多いマンスリーマンションがあります。出張期間が数ヶ月に及ぶ場合には、会社が社宅として用意すると経費が掛かりすぎ、ホテルへの宿泊では更に多額の費用が必要になります。決まった期間だけ1ヶ月単位で契約出来るマンスリーマンションならば、会社側で手配を済ませておけば、社員を必要な期間だけ気兼ねなく中期出張が可能です。ホテル宿泊では、会社側と社員側で一時的に立て替え払いが発生し、後で精算手続きが必要となります。ホテルを利用した際には、食事代金や通信費など、様々な追加精算が必要となるので、細かい吟味を行なうことは会社の経理にとっても負担となりかねません。マンスリーマンションならば、会社側で手配したもの以外は、社員負担と出来るのでシンプルです。

個人利用ならば利便性を重視出来る

マンスリーマンションを個人利用する際には、一時的な仮住まいだけでなく、料金を一括払い出来れば1年といった期間の契約も可能です。料金が先払いとなるだけでなく、基本的な光熱費が含まれているので、安心して入居出来ます。セキュリティー面にも配慮しているマンスリーマンションが登場しており、家具家電付きの部屋も多いので、カバン1つで入居出来る手軽さが人気です。家族が長期入院をして、自宅からは付き添いに行けないといった個人的な理由であっても、マンスリーマンションならば最初の手続きを行なうだけで良いので、手軽に利用出来ます。個人で利用する時には、利便性の高さがウリとなるでしょう。

マンスリーマンションは、最新式の家電や家具などが用意されている物件が多くあり、すぐに新生活を始めたい人に最適です。