仕事内容から保育士の就業先を選ぶメリット

保育士の仕事内容と働き方

保育士は、乳幼児の保育だけでなく、保護者に対する育児のアドバイスも行う専門職であり、就業先によって仕事内容が違うこともあるため、適性や希望などに合った働き方を選ぶことがおすすめです。保育士の資格を持つ人の多くは保育所で勤務をしていますが、経験が豊富な人であれば児童養護施設や児童自立支援施設などに勤務をすることも可能です。このような施設では、小学生以上の生活や学習の支援を行う必要もあるため、働きながら様々な分野の専門的な知識を身につけることが大事です。最近では、待遇の良い保育士の求人が転職サイトなどで募集されることがありますが、将来を見据えて働き甲斐のある職場を見極めることが重要です。

保育士になるために必要なこと

保育士になるためには、大学や短大、専門学校において、厚生労働省が指定するカリキュラムに基づいて規定の単位の取得をすることが必要です。また、保育とかかわりのない学校を卒業した人であっても、学歴や職歴などの条件を満たす場合には、保育士試験に合格をするルートもあります。一般的に、保育士試験は合格率が低く、科目によっては独学での試験対策が難しいことがあるため、通信講座や予備校などを利用して、重点的に対策を立てることが大切です。なお、最近では保育士の養成校において、社会人の入学者の募集が行われる機会が増えており、実務経験がない人であっても、専門の教員の指導を受けたり、実習を行ったりすることで、資格の取得を目指すことが可能です。

保育士の求人を大阪で探すには、さまざまな方法があります。求人サイトや情報誌のほかに、役所などのサイトでチェックするやり方もあります。