どうなるの!?英語を使った仕事に就いたら

英語を使った仕事のスタイルとは?

英語を使った仕事に憧れる人も多いのではないでしょうか。英語をスマートに使いながら仕事をする姿をイメージしたら格好良くて憧れる気持ちも理解できます。

英語を使った仕事に就くと、どのようなスタイルになるのでしょうか。考えられるパターンとしては、企業が外資系で上司や同僚が外国人である場合、もしくは取引先の企業が海外の企業である場合です。一般的な企業だと朝の9時から夜の6時までが勤務時間だとしても、海外の企業相手に仕事をするのであれば、取引先の国の時間に合わせて働く可能性があるため、必ずしも9時から18時の仕事ではなく、日本の夜中や早朝に対応することもあり得ます。出張先も海外に支店のある企業へ出向くのであれば、日本国内に限りません。

外国人が上司になったらどうなるの?

上司が外国人の場合どのような働き方になるのでしょうか。日本人が上司だと敬語を使った会話をするのが普通です。一方で、外国人上司とのコミュニケーションには英語を使うのが基本で、英語には明確な敬語は存在しません。そのため、外国人上司のほうが話しやすいと感じるかもしれません。関係性が長くなれば、ファーストネームで上司を呼ぶこともあります。上司を下の名前で呼ぶことは日本ではほぼあり得ない話なので新鮮な感覚ですね。普段の働き方でも、日本だと上司が働いているなら帰りにくいという心理が働きますが、外国ではその感覚はほとんどありません。自分の仕事が終わったらすぐに帰るのが一般的です。

英語の転職をするには、英会話の能力が必要となります。基本的に英語が必要とされるような仕事になりますので、英語のスキルが必要です。