絶対にやってはいけない!産後復帰の働き方

当たり前のように休まない

出産後に会社復帰するときには、周りの方の気持ちに今まで以上に配慮する必要があります。出産はとてもおめでたいことですし、それ自体を悪く言う人はいないでしょう。しかし、子どもが小さいうちには急なお休みや早退がどうしても生じてしまいます。そのときに周りの方には迷惑がかかります。積極的に協力してくれる方もいるでしょうが、中には「なぜ自分が?」「出産がそんなに偉いのか?」と思う人もいます。そういう気持ちに対して、頭ごなしに否定せず「そう思われても仕方がない」という謙虚な姿勢を忘れず、「おかげさまでありがとう」という感謝の気持ちをもち、できるだけ言葉にして周囲の方に伝えるようにしましょう。

子どもの話ばかりしない

会社は仕事をするとことです。「今日、うちの子どもがこんなことをした」「子どものしつけで悩んでいる」などのお話は、休み時間にしましょう。話し相手の子育て経験があろうとなかろうと、それは関係がありません。周りでその話を聞いている人もいるんです。子どもがほしくてもできない人もいるかもしれませんし、そもそも仕事中に無駄話をされては気分が良くありません。あなたの出産、子育てを陰で支えてくれている人もいるのですから、そういった人への配慮を忘れず「子育てが大変だ!」というオーラを、仕事場ではできるだけ出さないようにしましょう。子どもを立てにして免除されている、得をしている、などの誤解が生まれないように気をつけなければいけません。

主婦のパートは、主婦が家事や育児の合間に行う仕事です。一般的には、正社員よりも給与面などは低く抑えられます。